So-net無料ブログ作成
パソコンやスマートフォンがそのままラジオ受信機に  radiko.jp
対応エリアではパソコンやスマートフォンを利用して地域のラジオを聴く事ができます ※NHKはこちら

Weather:2015年台風第2号 [お天気]

アジア名 Higos

 8日3時、マーシャル諸島の熱帯低気圧が台風2号になりました。
 アジア名は「ヒーゴス」、アメリカ提案 意味は無花果(イチジク)。
 2015年台風第2号 72時間予報 2月8日3時
 2015年2月8日3時 ひまわり7号可視赤外合成画像
 3年連続の2月発生台風となりました。

 デジタル台風さんで述べられている「台風シーズン」の言葉を借りると、
 2014年シーズン最後の台風となりますでしょうか?

デジタル台風:「本当の」台風シーズン

しかし、シーズン越え台風がいくつもあるのは、
そもそも12月31日と1月1日が台風シーズンの境界として
適切ではないことを示しています。
では、シーズン越え台風が存在しないという意味で、
最適な台風シーズンの境界日とはいつなのでしょうか?

そこで日付で検索を使って、
それぞれの日に存在した過去の台風を検索してみると、
1951年以降に台風が存在したことのない日が見付かります。
それは2月8日から2月14日の期間です。
この期間の真中をとって境界と定めれば、
「本当の」台風シーズンの境界は「2月11日」となります。
そこで、この日を台風シーズンの境界とした場合の、
「本当に」最も早く発生した台風と
「本当に」最も遅く発生した台風を調べてみましょう。
2月に発生した台風を分析してみると、以下のようになります。

・「本当に」最も早く発生した台風:台風196503号(1965年2月15日1800UTC)
・「本当に」最も遅く発生した台風:台風196701号(1967年2月5日0600UTC)

つまり、台風個数統計や月ごとの台風経路図でも明らかなように、
12月ではなく2月が、本当の意味での台風シーズンの境界と言えます。

ただし現実的な使い道を考えると、
西暦年と台風シーズンとが一致していた方が便利ですので、
台風シーズンは1月から12月となっています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます