So-net無料ブログ作成
パソコンやスマートフォンがそのままラジオ受信機に  radiko.jp
対応エリアではパソコンやスマートフォンを利用して地域のラジオを聴く事ができます ※NHKはこちら

Weather:2013年台風第27号 [お天気]

大型化傾向?

 日本の南を北上し続ける台風27号ですが、
 20日15時それまでの "猛烈な勢力" から "非常に強い勢力" になり
 台風としての強度をワンランク落としました。
 2013年台風第27号 72時間&5日間予報, 熱帯低気圧b 24時間予報 10月20日15時
 2013年10月20日15時 ひまわり7号赤外線画像
 台風として発達のピークを越えたと云えるのかもしれませんが、
 中心気圧が920hPaから925hPaへ上昇
 最大風速が55m/sから50m/sに下がっただけで大した低下ではありません。

 むしろ気になるのはm強風域のエリアが拡大傾向にある点です。

  20日12時 北側 390km 南側 330km
  20日15時 北側 440km 南側 390km

 デジタル台風の管理者である北本氏が、
 以下の様な懸念をブログに記されています。
 
2013年10月19日 14:00 JST

台風27号(FRANCISCO)は引き続き発達を続けており、
明日あたりが強さのピークになりそうです。
今日は昨日よりもさらにギュッと引き締まった感じで、
中心の眼の周囲をらせん上の雲がきれいに渦巻いています。
ただ、このようにギュッと詰まった状態は
それほど長時間維持できるものではなく、
しばらくするといったん眼が崩れて衰えるでしょう。
その後、サイズが一段と大きくなって生まれ変わるか、
それとも回復できずに衰えてしまうか、
そこが日本列島接近時にどのぐらいの範囲で
どれだけの影響が出るかの別れ道になります。
今のところ台風27号は大型の台風ではなく、
台風26号と比べると、台風の大きさでは下です。
私は引き続き、強さよりも大きさに注目しています。

 大型化し日本付近の寒気に耐ええられる状態になるか、
 それともこのままの規模で北上を続けるのか…。

 台風28号候補の熱低と27号のすぐ東を北上する別の熱低を含め、
 まだまだ目が離せない状態が続きそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます